宇宙のスマイル

ハッブル宇宙望遠鏡が「宇宙に浮かぶスマイル」を撮影したとそうで、NASAが11日にウェブサイトに写真を掲載した。写真を見てみると、丸い輪郭の中にぱっちりした目に白い鼻、にっこりとした口元が見える。NASAによると、画面中央に見えるオレンジ色のつぶらな瞳は遠く離れた場所にある2つの銀河だそうだ。口元や輪郭は、強い重力で光が曲がる「重力レンズ」の効果によるものとのこと。一般相対性理論で説明される「アインシュタイン・リング」と呼ばれる現象によって環状に観測されるそうだ。この写真はハッブル宇宙望遠鏡がとらえた膨大な画像記録からとっておきの1枚を探し出す「お宝発掘」の催しで見つかったそうだ。確かにこれは「お宝」だ。