猫を食べるオオトカゲ捕獲作戦

米フロリダ州の魚類野生生物局が、猫さえ食べることで知られるアフリカ原産のナイルオオトカゲの捕獲作戦に州内で乗り出してるそうだ。トカゲが産卵期を迎えるのを前に、周辺住民に対して「ペットの安全に気を付けて」と呼びかけているとのこと。
ナイルオオトカゲの姿はイグアナに似ており、体長は約1.5メートル。猫のほかフクロウやカエルも捕食するそうだ。暖かいフロリダでは外来種による在来種排撃が相次いでおり、魚類野生生物局の科学者は「何でも食べてしまうので生態系への影響が心配」と語り、ナイルオオトカゲへの警戒は強いようだ。猫などのペットも心配だが、幼児や赤ちゃんなどにも被害が及んでしまったらそれこそ大変なことになるだろう。一刻でも早く捕獲されると良いのだが。