3歳男児が水路に転落し死亡

16日午後6時半すぎ、兵庫県尼崎市中の公園で「息子が水路に転落し流された」と近くに住む母親から119番があったそうです。
流されたのは市内の3歳の男の子。約3時間半後、約1・2キロ離れた水路で見つかりましたが、死亡が確認された。
男の子は6歳と4歳の男の子と遊んでおり、水路に沿う柵の下をくぐり、魚を見ようとして水路をのぞき込んだところ、誤って転落したとのことです。柵の下は最大30センチほどの隙間があったそうです。
水路の幅は約2メートルで、当時は雨で増水しており、水深は60~70センチだったそうで、現場は阪急武庫之荘駅から約2キロ離れた住宅街でした。

ヤクルト40敗目、12球団最速

ヤクルトスワローズが、両リーグ最速の40敗目を喫した。先発小川が5回6失点と喫しました。
プロ初登板となった、2番手の竹下も6四球と制球が定まらず、2回2/3を4失点と投手陣が精細を欠きました。
チームは、6カード連続の負け越しとなり、借金も今季最多の「12」となりました。
真中満監督は試合後記者に対して、「小川は勝負しきれていない・・・。正直、球は浮くし、全くいい所がないね。竹下も初登板とはいえ、1軍で投げるレベルではないな」と厳しい表情を浮かべました。

熊本地震、未だ車中泊続く

熊本地震から早くも2ヶ月が経過した。余震が少なくなり、学校などが再開した今、報道番組などでも熊本地震の話題を見かけることが減ってきたように思う。
しかし、未だ県内7か所の市区町村では、車中泊やテント泊をしている人が575人いると調査でわかった。
避難者は、余震はおさまったが、建物の中にいる恐怖や避難所に移ったあとの子どものことを思うと車中泊せざるを得ない状態にあると語る。
調査では15市区町村に対し、車中泊の人数を尋ねるもので、他8か所の市区町村では車中泊をしている人は「いない」あるいは「把握していない」と答えた。
避難所でのプライバシーを心配したり、小さな子供やペットを連れて避難所にいくことに抵抗があるとの意見が多くみられたそうだ。
家が無ければ仮設住宅の建設が急ぐしかないが、同じくらい避難者の心のケアも必要に感じられる。