3歳男児が水路に転落し死亡

16日午後6時半すぎ、兵庫県尼崎市中の公園で「息子が水路に転落し流された」と近くに住む母親から119番があったそうです。
流されたのは市内の3歳の男の子。約3時間半後、約1・2キロ離れた水路で見つかりましたが、死亡が確認された。
男の子は6歳と4歳の男の子と遊んでおり、水路に沿う柵の下をくぐり、魚を見ようとして水路をのぞき込んだところ、誤って転落したとのことです。柵の下は最大30センチほどの隙間があったそうです。
水路の幅は約2メートルで、当時は雨で増水しており、水深は60~70センチだったそうで、現場は阪急武庫之荘駅から約2キロ離れた住宅街でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です